• ホーム
  • SEPARELについて(SEPARELの強み)

SEPARELの強み

  • 優れた脱気性能で溶存ガス濃度ppbレベルの脱気が可能
  • インラインでの脱気、給気処理が可能
  • 独自の内部構造によりコンパクト化、低圧力損失化を実現

DIC独自の脱気膜

中空糸脱気膜の種類

中空糸膜は、多孔質膜と非多孔質膜とに大別できます。弊社は、独自に開発した"非多孔質膜(SS膜)"を採用しております。

イメージ画像

  • SS膜:"Surface Skin(スキン層)を有する膜"の略称です。学術としては不均質膜に分類されます。詳細は次項にてご覧いただけます。

スキン層を有するDIC独自の脱気膜(SS膜)

1.浸透性の高い液体にも対応
DICの中空糸膜(SS膜)は、内側の多孔質膜が支持層となり、その外側表面に、スキン層と呼ばれる細孔のない緻密な膜を有しています。スキン層には細孔がないことから浸透性の高い(表面張力の低い)液体にも対応しています。

2.高い気体透過性
中空糸素材のPMP(ポリ-4-メチルペンテン-1)は分子構造上、非常に気体を通しやすい特性を持ちます。さらに、気体透過に寄与するスキン層の厚みは約1μmと非常に薄いことから優れた脱気性能を実現しています。

3.中空糸の極細化
DICの中空糸膜(SS膜)は最小径タイプで外径180μm程度となり、脱気膜の中でも最も細い中空糸です。このような細い中空糸を用いることで、省スペースに膨大な膜面積を確保しています。

イメージ画像

SEPARELの2つのモジュール構造

SEPARELのモジュールは、2種類の内部構造に大別できます。詳細は以下の通りです。

内部潅流モジュール(PFシリーズ)

構造

  • 液体の通り道:中空糸の内側
  • 気体の通り道:中空糸の外側

特徴
中空糸内部に液体を流す一般的な方法です。仮に中空糸内部で粒子等が詰まっても、液体を逆流させることで洗浄が行えます。

イメージ画像

内部灌流の動画を観る

外部灌流モジュール(EFシリーズ)

構造

  • 液体の通り道:中空糸の外側
  • 気体の通り道:中空糸の内側

特徴
中空糸膜の外側を無秩序に液体が流れる状態(乱流)になるため、溶存気体と脱気膜との接触頻度を増大させることができます。そのため、「内部潅流モジュール」に比べ脱気性能は高くなります。また、圧力損失が低いため、モジュールの大型化も実現しています。

イメージ画像

外部灌流の動画を観る

幅広い液種に対応する豊富なラインアップ

製品ラインアップは、PFシリーズ(内部潅流モジュール)とEFシリーズ(外部潅流モジュール)に、薬液脱気に対応するPF-Fシリーズを加えた3分類構成となります。

  モジュール構造 素材 液種
PFシリーズ 内部灌流方式 PMP
(ポリ-4メチルベンテン1)
PF-Fシリーズ PTFE
EFシリーズ 外部灌流方式 PMP
(ポリ-4メチルベンテン1)

SEPARELは、PF、PF-F、EFというシリーズ展開で、さまざまな対応流量、液体種類に対応したラインアップを展開しています。各製品の詳細は「セパレル製品ラインアップ」をご覧いただくか、下記からお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ - DIC株式会社メンブレン営業部

  • 03-6733-5944(受付時間:平日9:00 - 17:00)
  • お問い合わせフォーム